日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(f) 点検がすべて終ったら開口部を紙テープ等で塞ぎ、布に包んで異物の入らないようにしておき、補修、交換した部分はすべて記録に止め、最後に再確認する。

(4) ボンベ点検

(a) 表面を清拭し、外観点検を行う。容器頭部に刻印された記号、番号、容量、製造年月、耐圧試験年月等を調べ、側面に表示されたガス名、容器重量、ガス量、全重量、充てん年月、温水試験実施年月、メーカー名等を記録する

(b) 刷込み表示内容が不鮮明な個所は墨入れする。またボンベ所有者表示ラベルを確認し、現所有者と相違する場合は現行を抹消(線引き)し、新たな現所有者名を記載する。ラベルに記入欄がない場合はラベルを貼り替える。

(c) 容器本体、口金部、ねじ部の発錆、損傷等を調べ、整備規程の判定基準に基き判定する。容器本体の発錆、腐蝕のいちじるしいものは交換する。

(d) 破壊封板、安全封板を目視で点検し、発錆を認めた場合および破壊封板に針傷のあるものは漏洩の惧れがあるのでボンベごと交換する。

(e) ボンベの検量は、整備の都度行って充填ガス量の減少の有無を確認する。

ボンベの全重量を計量し、その値から容器量を差引いた数値が表示ガス充填量の許容差の範囲にあることをチェックする。

メーカー別ボンベ1本当りのガス充填量並びに許容範囲の概算を次表に示す。

なお、詳細はメーカーの整備規程によること。

055-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,543成果物中)

成果物アクセス数
140,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月12日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から