日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(7) 乗込台の機能試験(乗込台付きいかだのみ)

乗込台が取付けられている主気室の内圧を120mmHg(1,632mmAq)に調整した後、乗込台の補助空気弁を開放して30分間放置し、主気室が著しく変形していないことを確認する。

なお、試験後の圧力測定の必要はない。

064-1.gif

(8) 荷重、耐圧試験における接合部の点検

製造後10年以上経過したいかだに限り、経年変化によるゴム布及び接着剤の劣化の有無を確認するため、床気室には荷重試験を、主気室には耐圧試験をそれぞれ実施することになっているが、試験時の点検方法及び合否の判断基準について、その要領を次に示す。

○点検の主要個所

上下主気室、床気室と主気室、天幕布及び外面パッチ類等のいかだ内、外周の各接着部

○点検の方法

手持ち電灯等で照射し、接合部のずれ、はがれ、ウキ(空洞)等の有無を観察する。

(点検要領)

@試験前と試験後に次の点検を目視で行う。

試験前の状態をよく観察し、異状の兆候が認められる個所は、マークしておく。

試験後にその個所の変化、傷の進展等の有無、または新たに発生した個所を注意して観察する。

A各接着部は、指先で触れてみる。

各接着(接合)部の平テープ、Vテープ又はパッチ類は、その端末を指でこすり、接着力の低下進度を確認する。(図-1参照)

064-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から