日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


2-8 折りたたみ、格納

(1) 準備

各部ごとの点検、整備、組立の終ったいかだは次の手順で格納準備をし、折たたみ格納する。

なお、もやい綱及び自動索はいかだにより長さが異なるので付けちがいのないように注意すること。

このもやい綱及び自動索の長さはコンテナに貼付するラベルに表示することになっているので、長さを確認しておく必要がある。

(a) いかだの排気

気室の排気が不十分だと格納できなくなるから完全に排気すること。

(b) 各部品の再点検

(イ) いかだ外面及び索類の乾燥状態を確かめる。特に索類は乾燥しにくいから良く確かめる。

(ロ) 補助空気弁が全部(乙種では表裏にある)完全に閉鎖されているか確認すること。第一種、第二種甲種安全弁付いかだは塞栓が、安全弁日から取り外され、ひもで連絡されていること。

(ハ) 充気装置、天幕、索類を始めとし必要部品、艤装品が正しい位置に正しく組込まれているかを再確認する。

(ニ) 乙種いかだの天幕は天幕の出入口といかだの昇リロとが一致するように取付け、また縛り方は暗夜凍結の際でも天幕の裾を判別して間違いなく展張できるように収めること。

(ホ) 指示、表示が完全明瞭であるか再チェックすること。

067-1.gif

(2) 折りたたみ

(a) いかだのしわを延ばし、索類は上下気室の間に整押し、充気装置、艤装品等で気室を痛めないよう、格納袋あるいはコンテナの形に合せて折りたたむ。(第1折りのマークを確認すること。)

(b) 折りたたみの際、ボンペの頭部に気室がかぶらないように注意すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から