日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


型式承認品の所定水圧は0.20kg/cm2(水深2.0mに相当)〜0.40kg/cm2(水深4.0mに相当)である。

調整可能な自動離脱装置であれば、必要に応じてS.Sで分解して調整(ダイヤフラムの押圧スプリング調整)してもよいが、内部に浸水した水はよく拭きとっておくことが重要で、組立後再試験をする必要がある。

2-10 運搬作業

運搬にあたっては、下記の事項に注意すること。

(1) 梱包

(a) 封印および輸送用縛線あるいは輸送用紙バンドが確実に取付けられているか確認する。

(b) 自動索が引っかからないように保護されているかを確認すること。

(c) 重ね積みする時または遠距離輸送の時は紙、フィルム、むしろ等で包装し、木箱または段ボール箱に入れること。また箱内で移動しないよう当て物をすること。

(d) 木箱を釘止めする場合はコンテナを傷つけないよう注意し、縄をかけて輸送に耐える梱包とすること。

(2) 積荷

(a) 車に載せるときは転がさないで必ず持ち上げること。

(b) 落すと危険であるから注意をすること。

(c) 車に載せたら歯止めをして緊縛すること。コンテナのまま重ね積みしないこと。

(3) 確認

(a) 最後に輸送先、発送元の記載が明瞭であるか確かめ、もう一度内容と送り先をチェックする。

(b) 返送に急を用する場合、貨車便では甲片番号、トラック便では便名、トラックNo、運転手名等を調べて予め客先に電話連絡しておくとよい。

2-11. 架台への積付け

(1) 架台の再点検及び作動確認

積付け前に2-2(1)(c)架台の点検のある項目について再点検し、その後手動により架台が正常に作動するかどうかを確認する。

(2) 自動離脱装置等の取り付け

自動離脱装置、締付バンド等各種部品を架台に取り付ける。その際、積付け現状記録を参考にするとよい。

(3) コンテナの架台への取り付け

(a) 架台可動部の安全装置をセットする方式のものはセットする。

(b) コンテナを静かに架台上に乗せる。その際、搭載番号を間違えないようにすること。

(4) 積付け

(a) 固縛ワイヤーによりコンテナを固縛する。その際、コンテナの水平を確認すること。

(b) 自動索及びもやい(又は手動投下用もやい綱)をセットする。自動索を自動索取付金具にもやい結びするタイプのものは、セルブ固定すること。

(c)安全装置をセットしたものは、必ず解除しておくこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から