日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


3. 修理作業基準

修理は、それぞれの製品について各メーカーの整備規程にもとづいて行うことになるが、修理の範囲は小規模なものに限られてかり、部品交換的な処理が多い。

従って整備規程を熟知するとともに、日頃各部の損傷傾向を把握し、必要部品や材料を常に準備しておくことが短期間に確実な修理作業を進める上で最も大切なことである。

点検、整備の結果、不備や不具合が発見されたいかだは次の基準により修理を行なわなければならない。

(1) 気室の修理

気室の修理はゴム布を接着剤(ゴム糊)で貼り合せる作業が主体で、貼り合せ後の気密性と耐圧性が重要である。

一般に接着作業で一番重要なことは被着体と接着剤が完全に密着していることで、両者の間に異物が介在しては完全な接着は望めない。新しいゴム布では表面に製造時の打粉(タルク)の層、古いゴム布では表面に老化層、または油、錆による劣化層等が介在して、密着を妨げているからこれらを紙ヤスリで削り落し、溶剤で拭いて除去する作業(前処理)の良否が修理の成果を左右する。気室への接着が不完全のため、格納中に接着部の一部がはがれ、規定の気密性能を維持できないものが時々SSで発見されている。一時的に接着しているようでも、時間が経過するに従って欠陥が出てくるようでは完全な修理とはいえない。修理手順は下記に従って行う。

(a) 先ず要修理部分を清拭する。

(b) 要修理部分の種類、範囲を確認する。

(c) いかだの経歴、損傷の状況から欠陥原因を推定し、修理範囲、修理方法を決定する。この判定は作業者に任せず、整備技術者自ら行なわねばならない。損傷原因の主なものは次の通りである。

073-1.gif

(d) パッチ当て、接着修理は下記による。

(イ) 損傷部分と同等の材料を使用する。万一同等の材料がない場合は気密用と補強用との材料で二重貼りする。(気密用を内側とする)

(ロ) パッチの大きさは損傷部分より周囲少なくとも30mm以上大きくあて、周囲は丸味のある曲線に切り出す。(図1)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から