日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


076-1.gif

 

076-2.gif

(ホ) 直線状の裂け傷で長さが30cm以上あるパネル。

(ヘ) 1パネルに100cm2以上のパッチが3個以上のもの又は合計パッチ面積が750cm2以上である場合。

(卜) 全面的にもれの生じているパネル。

(g) 修理終了後20時間以上放置し、改めて漏洩試験を行うこと。

(h) 修理年月日、パッチの大きさ、修理個所故、漏洩試験結果、修理責任者名を記録に止めておくこと。

(2) 格納袋、艤装品袋、天幕、救命索、ボンベ保持帯

格納袋、天幕.ボンベ保持帯の修理は貼り合せ加工とミシン加工とが入り組んでいるが、貼り合せ加工は、前項気室の修理方法に準じて行えばよい。

(a) 気密を要しない貼り合せの場合は裏貼り、二重貼り等の補強は必要ない。また相当大規模の修理までS.Sで行うことが出来る。

(b) ゴム張りしてない布面を貼るときは予め糊を塗って樹層を形成てから接着すること。

(c) 前項による修理は、10時間経過後目視ではがれ、ボイド等を確かめ、異状がなければ使用して差支えない。

(d) ミシン加工は所定の材質、太さの縫糸を用い、それに適したミシン針で縫うこと。また縫始めと縫終りは必ず返し縫とほつれ止めをすること。

(e) ひも類の痛んだものは、適宜同一の新品と変換する。

(f) 合成繊維索の場合端末は熔融して丸く固めるか糊で固める。天然繊維の場合はセルプするか糊で固める。

(g) ボンベ保持帯の帯布切れ、縫目切れは、新しい部品に貼り替える。

(3) ガス充気装置、その他金属類の手入

点検によって発見された変形、発錆、ネジの嵌合不良、破損、パッキング等の劣化、汚れ、こすれ、表示の不鮮明等の損傷に対し発生原因を推定し、原因によっては影響が周囲に及んでいるものがあるから注意する必要がある。特に充気装置は修理後、必らず性能を確認すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から