日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(6) コンテナの修理

破損原因が投下衝撃、異物突刺、架台不良、摩損等の機械的なものか、劣化、加熱等の化学的または経年的なものかを見究め、損傷範囲および修理方法を決める必要がある。ただし軽微の損傷でない限りメーカーに返送して修理すべきである。各損傷に対しては次の処置をとる。

(a) 破損、切れ、圧環、変質、劣化等で内容物を損傷したり、雨水浸入の恐れがあれは新換する。

(b) パッキング嵌合不良は押圧して癖を矯正する。架台支持部の改良で復元できることがある。

(c) パッキングの変質、老化、一部欠損に対しては全体を変換すること。

(d) スポンジ板不具合で内容物摩損の恐れのある部分は発泡材等の当物をするか新換する。簡単なスポンジ板のはがれはS.Sで接着剤で補修すること。

(e) ひも通し座の取付部の破損はいかだ本体を損傷する原因となるので特に注意し、修理を要するときはその部分全体を変換する。

(f) 表示不明瞭のものは墨入れをする。

(g) 汚損、塗装変色したものは洗滌して、表示部を残し指定色ラッカーで塗装をやり直す。

(h) 排水不完全のものは底の水抜孔を掃除し、あるいはキリで孔を増加する。

(i) 修理した事項は記録しておく。

(j) コンテナの本体(強化プラスチック)の損傷が軽微である場合は次の方法でS.Sでも修理することができる。

(イ) 修理に必要な材料

修理用具として次のものを整えておくと便利である。

079-1.gif

これは厚さ2.2mm、面積約0.5uの強化プラスチック板を作ることができる分量である。

実際の作業にはさらに次のようなものが必要であり、樹脂の配合に際しては材料扱店の指導をよく受けること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から