日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


081-1.gif

(、) セロファンを積層した樹脂の上に覆せガラス棒でセロファン上からしごき、積層内部の気泡および余分の樹脂を押し出し、再び気泡が入らないようにセロファンの端を粘着テープで密封しておく。

(・) 硬化後サンドペーパーをかけて表面を平にする。

(ヲ) 美観を必要とする場合は、さらに前頁(ロ)に準じてゲルコート層を作り仕上げる。

(7) 自動離脱装置の修理

自動離脱装置の作動不良、または腐食発錆の甚しいものは新品と交換する。修理はメーカーのみで行ない。S.Sでは主に外観上の手入れのみを行うこと。(3.(3)に準ずる)

又、製造後8年以上経過しているものは、新替することが好ましい。

(8) 架台の修理

救命いかだが緊急の際、迅速、確実に性能を発揮するには、常に架台の性能が維持されていることが極めて大切である。本船からいかだを取り外し作業する時、積付の状態の不具合箇所を記録しておき、再積付時には、良好な状態であるための措置を行なう。

(a) 架台(アイボルトを含む)の発錆.材質の衰耗、可動部の固着が軽微なものはS.Sで、著しいものは船主に進言し改修または新替すること。

(b) 固縛ワイヤー、ワイヤクリップ、ターンバックル、シヤックル等の部品で破損・発錆・腐蝕・衰耗等を認め、次回整備時まで耐え得ないと思えるものは新替すること。

081-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から