日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(2) 保管場所

種類別に保管棚、移動式整理台、壁掛けボード等に整理し、いつでも使用可能な状態で保管されていなければならない。

(3) 計器の較正

検査用計測器具の較正は、検査の正確さを維持するために、適正に実施されなければならない。社内で較正できない計測器具は、定期的に外部に依頼して実施し、社内で実施できるものについては、定期的或いは整備台数等に従い確実に実施し、常に正確に計測できるように、保管較正責任者を決めてその管理に万全を期さなければならない。

4. 部品、材料の管理

部品、材料の管理は社内規則に従って行うこととするが、 特に不良品との混入防止に充分注意しなければならない。

(1) 発注及び受入れ

各品目毎に最低の在庫量及び在庫する必要時期を定め、その時期に達したときは遅滞なく発注し在庫品を補充する。仕入先から品物が到着したら直ちに品名、数量、規格等について受入れチェックをし所定の保管場所に整理すること。

(2) 保管方法及び在庫管理

部品、材料の保管はメーカー別、品目別に仕分けして整理棚、ロッカー等に保管し常に使用できる状態にしておくこと。在庫状況については、カード方式又は台帳を備え、この出納状況を管理し、各品目毎に現在数量が一日で判るようにしておくべきである。又定期的に棚卸しを実施し品名、数量について照合しておくことも必要である。

(3) 貯蔵物品に対する注意事項

(a) 艤装品、部品、材料(含危険物)は、日射、鼠害、虫害を防ぎ、比較的低温で湿気の少ない場所に貯蔵すること。

(b) 品種、メーカー別に棚を設け、常備在庫品の置場所を決め、タナ札等を用いて数量チェックを記録し、つねに在庫残高がわかるように管理する。有効期限のあるものについては特に留意すること。

(c) ポンペ、火工品、溶剤等等の危険物は法規に従って貯蔵し、万一の場合に災害を最小限に止められる配置とし、次の防護施設を完備する他、各危険物に対する注意事項を遵守すること。

(イ) 防災器具として、砂、石綿布、防煙マスク、消火器、水等を常備すること。

(ロ) 積重ねは少くして歯止めを行ない、転落を防止すること。

(ハ) 電灯、スイッチ、モーター等の火花発生、ストーブ、ヒーター類の裸火には特に留意すること。

(d) 廃品いかだ、期限切れの火工品、食糧等の不良臓装品、部品、索類等は置き場所をはっきりと区別して、良品と混用しないようにし、早めに処分すること、火工品メーカーへ返却処分とすること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から