日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


2. 船舶安全法の法体系

船舶は海上において、運搬、作業等に使用される構造物であり、陸上施設に比し、気象、海象にもとづく大きな危険にさらされ、かつ、陸上から孤立して行動するため、他の救援を求めることが困難であり、しかも長期間にわたる日常生活の場ともなる。したがって海上における人命の安全を確保するためには、船舶の構造が耐航性を保持するために十分なものであること。

万一非常の危難に遭遇した場合にも人命の安全が保持できるより、必要な諸設備が船舶に備えられていること。

船舶安全法では上記目的を達するため、船舶の構造、設備の技術基準を定め、国等の行う検査を通じて、これらを適正に維持させることとしている。

船舶安全法を基幹として、次のように政令、省令が定められている。

 

3. 関係法規抜すい

○船舶安全法

〔船舶の所要施設〕

第2条 船舶ハ左二掲グル事項二付命令ノ定ムル所二依り施設スルコトヲ要ス

1 船体

2 機関

3 帆装

4 排水設備

5 操舵、繁船及揚錨ノ設備

6 救命及消防ノ設備

7 居住設備

8 衛生設備

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から