日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


8. いかだ整備技術者の講習及び研修等の規定

(社)日本船舶品質管理協会は「総用品整備技術講習委員会規程」により膨脹式救命いかだ整備技術講習会を開催し、整備技術者の養成を実施している。この講習会において「船用品整備技術講習委員会」から膨脹式救命いかだ整備技術証明書の交付を受けた者は、運輸局が膨脹式いかだの整備事業場を認定する場合に、整備直接監督者の資格を有する者として認められている。

したがって、整備技術者は「船用品整備技術講習会規程及び同実施細目」を理解し、諸手続きを熟知する必要がある。

現在、実施中のこれらの手続きの概要は次のとおりである。

(1) 講習会

(a) 受講の手続き

(イ) 講習会は必要の年度に東京において開催されている。従業員を講習会に参加させようとするいかだ整備事業場(以下S.Sという)の責任者は、あらかじめ受講予定者を(社)日本船舶品質管理協会に届ける。

(ロ) (社)日本船舶品質管理協会は、講習会開催通知等を講習会受講予定者のあるS.Sの責任者に送付するとともに、協会が発行しているS.Sニュースに掲載する。

(ハ) 受講希望者は講習会参加申込書を作成し、所属S.Sの代表者を通じ、開催通知に指定された期日までに協会あて送付する。

(b) 受講の資格

(イ) 講習会に参加することのできる者は、次の各合に適合するものとする。

(1) 本会の会員又は会員となる予定の者の事業場に属するものであって、本会が適当と認めた者

(2) 講習会実施年度の最初の日に満18歳以上である者

(3) 本会の会員又は会員となる予定の者の事業場の責任者から推せんを受けた者

(c) 技術証明書等の交付

(イ) 講習会において実施された学課試験及び実技試験に合格した者は、船用品整備技術講習委員会から膨脹式救命いかだ整備技術証明書を交付される。

(ロ) 協会はS.Sの責任者から整備技術者証の交付及び検印の貸与申請書が提出された場合は技術者証を交付し、検印を貸与する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から