日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


〔参考〕

整備認定事業場関係法規(抄)

 

「船舶安全法(抄)」

○整備事業場の認定等(第6条の3)

船舶又は第2条第1項各号に掲げる事項に係る物件にして命令を以て定めるものの製造者が、その船舶又は物件の整備(第5条第1項第3号の命令をもって定める修理を除く)につき整備規程を定め主務大臣の認可を受けた場合において当該整備規程に従い整備を行う能力につき事業場毎に行う主務大臣の認定を受けた者がその船舶又は物件の整備を行い、かつ、命令の定めたところにより、その整備が当該整備規程に適合してなされたことを確認したときは、当該船舶又は物件につき命令の定めるところにより、その後30日内に行う定期検査又は中間検査を省略する。ただしその期間内に臨時検査を受くべき事由の生じた船舶又は物件についてはこの限りでない。

「事業場の認定に関する規則(妙)」

整備規程の認可及び整備に係る事業場の認可(第3章)

○整備規程の認可(第13条)

1. 法第6条3の規定による整備規程の認可は、次に掲げる船舶又は物件について、その整備の方法が概ね同一であると認められる類型ごとに行う。

(1)〜(5) 省略

(6) 膨脹式救命いかだ

(7) 膨脹式救命浮器

(8) 膨脹型救助艇

(9) 複合型救助艇

(10) 膨脹式救命胴衣

(11) イマーション・スーツ(膨脹式のものに限る。)

(12) 非常用位置指示無線標識装置

(13)〜(15) 省略

(16) 遭難信号自動発信器

(17)〜(18) 省略

(19) 降下式乗込装置

〔注〕 膨脹式救命いかだについては、特殊なものを除き1メーカー1類型として取扱う。

2. 整備規程には、船舶又は物件の要目、寸法及び性能を記載し、かつ、その主要部の構造を図示したうえ、次に掲げる事項を定めなければならない。

(1) 分解及び組立ての方法並びに使用治工具

(2) 部品又は部材ごとの点検及び整備の方法

(3) 部品又は部材ごとの使用時間、損傷の程度等による使用限度の判定基準

(4) 組立て後の調整の方法

(5) 臨時検査を受けなければならないこととなる修理の範囲

○整備事業場の認定(第19条)

1. 認定は、認可を受けた整備規程に係る船舶又は物件の類型ごとに、その整備の能力について行う。

2. 認定は、船舶又は物件の範囲について必要な限定をして行うことができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から