日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


第一の選択は、交渉を通じた境界画定につき日中間で合意することである。東海大陸棚に関し、中国の自然延長論と日本の中間線原則について妥協点を得るため、例えば中国大陸東部沿岸と沖縄との海岸線の比率に基づき、64対36の割合で中間線より日本側に線を引くのも一案であろう。

第二の選択は、本件をICJ乃至第三者の調停に委ねることである。日本も中国も司法手続きに訴えることに慣れていないが、調停により解決された前例も多くあり、場合によっては解決が迅速になることもある。例えば、ビーグル海峡を巡るアルゼンチンとチリの紛争は過去150年にわたり続いてきたが、第三者の調停により1984年に決着した。

第三の選択は、現時点でも最も実行可能性が高いと思われる共同開発である。尖閣周辺は、石油や天然ガスの見込みこそ少ないが漁業その他の資源に恵まれており、資源開発が管轄権を巡る紛争のために遅れるのは望ましいことではない。具体的には、まず両国の主張が重なる水域を明らかにした後、北緯30度線で東シナ海を南北に分割する。その北部分については、1974年以来日韓間で共同開発を行ってきた経緯もあり、日韓中三国間で同様に共同開発を行うことも難しいことではないかもしれない。他方南部分は、沖縄トラフの扱い、尖閣諸島が大陸棚を持ち得るか及び尖閣諸島の帰属問題といった困難な要素があり、主張の重なる水域の画定も難しい。水域画定のためには、まず中国の自然延長論と日本の中間線原則を調整し、次に尖閣諸島の帰属及び地位の確定を図る必要がある。しかしその前に重複する水域さえ画定できれば、日中両国は共同開発のための交渉を進めることができよう。その際に、海洋生物資源の保存や漁業の共同管理について話し合うことも可能である。台湾の扱いは、中台間で別途取決めを結べばよい。

資源開発等の経済的必要性及び協力は、主権を巡る紛争に優先すべきである。国連海洋法条約発効を契機に、問題のある水域と接する沿岸国は、海域の境界について関係国と検討する努力を行う必要がある。尖閣諸島を巡る紛争の当事国である日中両国も、協力と協調の精神に基づいて共同開発を行うことが期待されている。

 

(了)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
84,046

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から