日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


北東アジアの潜在的紛争要因としての天然資源

漁業レジームの紛争と石油をめぐる紛争

白珍鉱(韓国外務部)

 

本章はアジア太平洋地域の海洋生物・非生物資源の利用に関する諸問題を扱う二部構成シリーズの第一部に当たる。本稿では、北東アジア地域の海洋資源利用に関連する、既存のおよび潜在的な紛争について検討する。東南アジア地域にも類似した紛争があるが、それらについては将来別稿で扱うことにする。本章は二部構成である。第一部では、北東アジアの生物資源利用をめぐる、既存のおよび潜在的な紛争を検討する。第二部では、同地域の非生物資源利用をめぐる紛争について検討する。

 

生物資源をめぐる紛争

 

背景

 

北東アジアの現在の漁業レジームは断片化しており、時代錯誤であると言っても過言ではないだろう。この分野の国際法は革命的な変革を遂げたが、黄海・東シナ海の漁業の大半は、東海(日本海)と同様に、国連海洋法条約以前の諸条約の規制を受けている。例えば、調印されて40年近くにもなる1965年魚漁協定は、韓日間ではいまだに効力を有し、朝鮮半島南部周辺の漁業活動を規制している。1975年の漁業協定は、1955年の非政府間協定に代わるものであるが、中国とその対岸の中間に位置する周辺地域の西側で効力を有している。これら二つの協定は、漁業権をめぐる長く苦い係争の結果締結されたものである。中国と北朝鮮の間には、黄海に関して二つの漁業協定があると思われる。

 

これらの協定には多数の限界がある。例えば、これらの協定が全ての沿岸に適用されるわけではなく、全ての国家に適用されるわけではない。さらに、政府間か非政府間であるかを問わず、韓国や中国のような重要な沿岸国家の間に漁業協定は皆無である。このため、特に黄海/東シナ海などの同地域の半閉鎖海の生物資源の保全・管理の努力は、沿岸国および漁業国全ての協力を必要とするものの、うまくいっていないのが現状である。さらに、多くの場合、こうした枠組みは、特に船の数、漁業季節の期間、設備の規模の制限によって漁獲量の分配を管理するためのものに過ぎない。利害を持つ者の間で管理や漁獲量分配を検討する一般的な話し合いの場は存在しないのである。既存の二国間漁業委員会は、意思決定とその根拠となるデータの公開さえ行わないのである。こうした漁業レジームが不十分で、断片的で、し

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
84,046

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から