日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


3. SLOCケーススタディ

 

SLOCが閉鎖されるシナリオにおいて、SLOCの最も近くにいる人々が、閉鎖の影響を受けるばかりでなく、最もSLOCを防衛したいと考えている人々である点が重要である。紋切り型な見識の誤りは、地域外の経済もSLOC閉鎖の影響を受けると考えていることにある。例えば、南シナ海を参照する文献はみな、南シナ海を通って日本・韓国・中国に運ばれる莫大な量の原油について記すのが常である。結果として、誰もが「南シナ海は戦略的要衝である」という考えに陥る。そして、それが決まり文句となる。しかし、それは実のところ本当なのか。

 

3.1 南東アジアのSLOC

 

国防大学による研究「狭隘点-南東アジアにおける海洋経済の重要事項」(注1)においては、次のように分析されている。即ち、マラッカ・スンダ・ロンボク・マカッサル・南シナ海を含む全ての海峡が閉ざされ、船舶が方向転換してオーストラリアを回って日本などの各国に航海しなければならなくなった場合、余分にかかる船賃は、1993年の海上輸送貿易量からすると、年間80億ドルとなろうと。ここで念頭に置かなければならないのは、この数字が1年間全ての海峡が閉鎖される場合の予想であるということである。もし、SLOCのいくつか(例えばロンボクとマカッサル)が再開されたならば、もしくは、全ての閉鎖が3ヶ月かもしくは20日で終わったならば、余分にかかるコストはずっと少ないであろう。たとえ、1年間全封鎖であったとしても、そのコスト80億ドルは、1992年に米国を襲ったアンドリュー・ハリケーンにおける被害額16億ドルと比べれば小額である。また、1995年1年間の世界のソフトウエアの著作権侵害による売上損失130億ドルと比べても小額である(注2)。

 

国家レベルで見ると、この研究が指摘しているのは、もしアラブ原油とガスがオーストラリア回りとなったとしても、日本のエネルギー調達にかかるコストは15億ドルしか増えないだろうということ、そして、南シナ海だけが閉鎖されただけなら、追加コストは2億ドルにすぎないだろうということである。どちらの場合も、追加コストは、日本のエネルギー調達総コストからみれば微々たる額でしかない。原油だけでみても、日本の輸入額は、原油価格と為替レートによるが、年間500億ドルから1000億ドルである。また、追加コストは1995年1月17日の阪神大震災による経済損失と比べても小額である。阪神大震災の公表された復旧コストは900億ドルから1500億ドルではあったが、実際には、復興需要で日本の工業生産とGDPは恩恵を受けた(注3)。

 

この研究は、中国・韓国、そして米国を含むその他の国々が蒙る、日本に比べれば低い損害についても記載している。また、これら海峡が閉鎖された場合、最も苦しむことになるのはSLOC周辺のアジア各国、特にアセアン諸国であることが明らかであることも指

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
87,266

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から