日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


レィン(Sea lane)という言葉があるが、明確な規定はなく意味も曖昧である(8)。従って本論ではシーパワー(あるいは海洋力)を、「海洋をめぐる政治力・技術力・軍事力などが適切に組み合わされた力で、自国の権益の増進、国家目標の達成、国家政策の遂行などに必要な海洋の利用や支配を可能とする国家の力の一部」と、幅広く捕らえて論を進めることとする。

シーパワーとはマハン少将が、1890年に出版した『海上権力史論(The lnflunce of Sea Power upon the History)』で初めて導入した言葉であるが、マハン少将がこの言葉を規定していないため、多様な解釈が人によってなされて現在に至っている。しかし、海洋力を一言で表すならば、「制海権(海洋を利用し支配する力)」で、海洋力の大きさは次の6要素によって決まるとされている(9)。第1は国土が海上交通の要所にあるか否かの地理的位置、第2は国土が海洋に接し適当な港湾があるかなどの地形的環境、第3が領土の大きさ、特に海岸線の長さ、第4が人口数、第5が国民の海洋力に対する認識と熱意などの国民性、第6が海洋を利用し支配しようとする国家政策・防衛政策などの諸施策を遂行する政府の性格である。また、海洋力を構成するものとしては、第1は海洋の利用手段としての商船隊・漁船隊などであり、第2はこれらを保護する直接的強制力としての海軍力、第3はこれらを支える工業力、第4は港湾施設(海軍力の場合は基地)である(10)。しかし、最近では海洋資源に対する列国の国益追求が激しく、海洋資源などの確保をめぐる国際政治力、および海洋資源開発力などの技術力や資本力なども大きくクローズアップしてきた。

次に海軍戦力とは、海洋(海上、水中、海上上空、海底)を主たる活動の場とする軍隊で、領海における法の維持や強制、海上からの進攻作戦や阻止作戦などの軍事活動を使命とする軍種であり、これら部隊は戦闘部隊の航空母艦、巡洋艦、駆逐艦、フリーゲート艦、潜水艦、掃海艇や航空機、後方支援部隊としての洋上補給艦(給油艦・給弾艦・工作艦)など多種多様な艦艇から構成されている。また、アメリカ海軍などの戦略核兵器を保有する国家は、これら部隊を国家指導者が直接指揮する、SSBN(Nuclear Powered Ballistic Submarine)からなる戦略核部隊と水上艦艇、潜水艦、航空機、および海兵隊(ロシアは海軍歩兵・中国は海軍陸戦隊と呼称)なとからなる一般目的部隊に区分している。これら部隊は各機能に応じて、対潜戦、対空戦、対水上戦、機雷戦、対陸上攻撃、両用戦(上陸作戦-ヘリコプターによる上陸も含む)などの諸作戦や、これら部隊の戦闘力を発揮させるための特殊戦(特殊部隊の破壊活動)、洋上監視、哨戒、情報戦、電子戦などの補助的な作戦も実施している(11)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から