日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


て、国家意志を相手国に明確に伝えることができるという利点がある。例えば、キューバ危機ではキューバのソ連ミサイル基地の無力化に対してアメリカには爆撃、ミサイル攻撃、上陸進攻、空挺作戦と種々の案が検討されたが、エスカレーションが少なく、相手に選択の余地や時間的余裕を残しつつ徐々に迫る海上封鎖が採用されたという。

また、1972年3月の北ベトナムの大攻勢に際しても、アメリカは地上部隊の再投入から原爆の使用まで各種の対応を検討したが、最終的には機雷による港湾封鎖と南下した部隊に対する空爆というソフトな対応が採用された。さらに、海軍部隊は陸軍部隊の投入と異なり体面を損なうことなく敏速に撤収できるという、「コントロール喪失のリスク」を回避できるという利点もある。このように海軍作戦は柔軟性に富み目的達成には各種の手段が選択可能であり、平時における有効親善の促進から核攻撃力の行使に至るまで、平時および戦時にもその適用範囲が広い特質を持っていいる。

046-1.gif

すなわち、上の表が示す通り軍艦の訪問は友好関係の象徴としてのVisit of Courtesyの公式訪問、訪問国の国家的祝賀行事への参加、友好国との共同訓練の実施などによる友好関係の維持向上などから、"Show the Flag"と呼ばれる紛争地域への派遣、経済封鎖や

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から