日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


4 和泉洋一郎「展開、連合、兵站能力」(『軍事研究別冊 湾岸戦争』1991年5月)69-70頁および前掲、ソコール、70頁。

5 秋本峰一「新たな安全保障の概念『海洋の安定化』」(『波濤』通巻131および132号、1997年7月及び9月)を参照。

6 『万有百科大事典 宇宙地球』(小学館、1979年)95頁。

7 堀部純男他『海洋鉱物資源』(読売新聞社、1986年)12頁。

8 海上交通路(Sea Lines of Communication)がSLOCと表現された場合には、有事に国家が生存上または戦争遂行上確保しなければならない海上連絡交通路で、海峡や重要な海域など軍事的意味が含まれている場合が一般的に多い。また、これとほぼ同意語として"Sea Line"に対する"Sea Lane"がある。

9 Alfred Thayer Mahan, The Influence of Sea Power upon History,1660-1783(Boston:Little Brown,1890),p.71,138.

10 Walter La Feber,The New Empire-An Interpretation of American Expansion,1860-1898(Ithaca:Cronell University Press,1963),pp.91-93.

11 伊藤英俊「海上戦力」(『安全保障学入門』亜紀書房、1998年)。

12 Ken Booth,Navies and Foreign Policy(New York:Holmes & Meier Publishing,INC, 1969),pp.15-25.

13 James Cable,Gunboat Diplomacy,1919-1981-Political Applications of Limited Naval Force(New York:St.Martin's Press,1994),pp.7-15.

14 Naval Warfare Publlication-1:Strategic Concepts of the U.S.Navy(Rev.A),(Washington:U.S.Naval Warfare Publication Library,1990).

15 John M.Shalikashvili,Chairman of the Joint Chief of Staff,1995 National Military Strategy(Washington:Government Printing Office,1996).

16 拙論「海洋力、特に海軍力の価値」(『海幹校評論』第66号、1974年3月)34-48頁。

17 Robin Laid,"Present at the Creation-TMD Strategy Evolues to Meet a Prolifering Treat",Sea Power(October 1997),p.50.

18 Robert A.Scott,"Task Forces 77th in Action off Vietnum",(U.S.Naval Institute Proceeding,May 1972).

19 「1974年 上院軍事委員会議事録(1973年4月11日)」。

20 Aviation Week(10 0ctober 1973),Army Times(5 December 1973).

21 拙論「海軍教育と練習艦」(『世界の艦船』第472号、1993年11月)141-144頁。

22 拙著「軍事力の意義と特徴」(前掲『安全保障学入門』。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から