日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


パワーと規定し、シーパワーが国家に繁栄と富をもたらし、世界の歴史をコントロールすると論じた(5)。そして、このマハンのの理論が、アメリカやドイツ、そして日本に大海軍を建設させたのであった。

 

3 総合地政学の誕生と発展

(1)マッキーンダーの理論

イギリスの地理学者マッキンダーは1904年1月25日、王立地理学協会で行った「歴史の地理的展開軸(The Geographic Pivot of History)」という講演と、その後1919年に書いた『デモクラシーの理想と現実』で、海上権力を保有した国家の繁栄が永久的であるとの保証はない。逆に陸上権力を保有する大陸国家が発展し、単一支配のもとに海上権力と陸上権力を統合し、無敵の支配権を全世界に広げるであろうと、シーパワーとランドパワーとの関係で世界政治を捉え、マハンの海上権力説では陸地に関する要素が不充分であるとし、地球は大陸と海洋から成り立ち、その大陸の3分の2を占め人口の8分の7が住んでいるユラシア大陸を「世界島」と名付けた。

053-1.gif

そして、この世界島の中央部でシーパワーの力が及ばないユーラシア北部を「ハートランド(Heartland)」と名ずけ、さらにハートランドの外側に2組の三日月型地帯(Crescent)を設定し、ハートランドの外側にあり海上権力の及ぶ大陸周辺の地域、すなわち西ヨーロッパ、インド、中国などを内側三日月型地帯(Inner Marginal Crescent)と呼び、その外方に海を隔てて点在するイギリス、日本、東インド諸島、オーストラ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
86,877

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から