日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


リアなどを外側三日月型地帯(Outeror Insular Crescent)と名付けた。そして、今は未開発であるハートランドが、やがて陸上交通(鉄道や道路網)や産業が発展しすれば、内陸部にエネルギーが蓄積され、ここを根拠としたランドパワーが沿岸地域に及んでいるシーパワーを駆逐し、やがてはシーパワーを圧倒するであろうと主張した(6)。

 

(2)スパイクマンの理論

アメリカの地政学者スパイクマンはマッキンダーより32才若く、マッキンダーやハウスホーファーの影響を受けたが、特異な「リムランド(Rimland)」理論を唱えて出現した。スパイクマンは1944年に出版した『平和の地政学』で、世界はランドパワーとシーパワーが対立するという単純なものではなく、ハートランドの周辺地帯でハートランドの力の基礎となり、かつシーパワーの影響が及んでいる地域、すなわちランドパワーとシーパワーの接触している地域をリムランドと呼称し、このリムランドが地政学的に重要である。特にリムランドに位置する日本やイギリスは東アジアまたは西ヨーロッパの西側にあり、政治軍事上に重要である。ヨーロッパ大陸が一大強国に支配されるのを防止するには、ハートランド周辺諸国(リムランド地帯の国々)と共同し、ハートランドの勢力拡張を防ぐべきであると、マッキンダーの警句を修正し「世界を制する者はハートランドを制するもの」でなく、「リムランドを制するものはユーラシアを制し、ユーラシアを制するものは世界を制す」と主張した(7)。

054-1.gif

アメリカはマハンの『海上権力史論』によって第1次世界大戦でドイツ、第2次世界大戦で日本とドイツを破り世界第1の海軍国となり、その海洋力によって1950年代には世界に君臨した。しかし、第2世界大戦が終わると大陸国家のソ連が台頭し、マッキンダーのハートランド理論は、ドイツの代わりにソ連が主人公となった他は、彼の予言どおり実現したかに見えた。ソ連は巨大な外向力をもって着々と内側三日月型地帯を勢力下に収め、次いでアフリカなどの外側三日月型地帯にも進出した。ソ連は東欧を制してマッキンダ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
158位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
87,452

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から