日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


減に直面した海兵隊はレゾンデートルを南洋群島に求めた。海兵隊は総力を挙げてこの構想の実現と海兵隊の必要性を訴え、1924年に完成したオレンジ(Orange Plan)計画(対日戦争作戦計画)に、「制海権の確立は全アメリカ艦隊を収容できる前進基地を、西太平洋に設置できるか否かにかかっている。西太平洋で米国が勝つためには、日本の支配下にある島々、およびフィリピン諸島にある総ての港の支配が必要である(10)」、とフィリピン救援作戦とともにミクロネシア飛石作戦を併記させることに成功した。存在理由を得た海兵隊は、1923年には南洋群島奪取を主要任務とする、強襲上陸作戦を行う遠征海兵隊(Marine Corps Expeditionary Force)に改編するなど、対日戦争を想定した部隊への変質と改善を進め、1935年には艦隊付属の小型旅団規模の艦隊海兵隊(Fleet Marine Corps)をサンヂエゴに誕生させた(11)。議会や陸軍からは日本海軍の近代化や勢力の増強に伴い日本を対象に軍備を増強するのならば、アメリカ海軍がアメリカの富を消耗し、そのうえ本国の防備には余り寄与しない。オレンジ計画は戦略的には、愚かな「狂気の計画」であり、防衛線をアラスカ-ハワイ-パナマの線に後退すべきであるなどと主張された(12)。

056-1.gif

しかし、アメリカ海軍は海軍力が国家に威信と富をもたらすという教議、すなわち中国に対する門戸開放・機会均等のヘィ・ドクトリン(Hey Doctrine)を擁護し、いかなる地域にもアメリカの意志を力で示し、アメリカ外交を力で支えるべきであるとして

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から