日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


た。これは海上でソヴィエト海軍の急所をつく戦略を説明したものであるが、国防総省内、ばかりでなく、米国空軍ほかその他関係部署からも批判された。しかし、陸海空軍を通じて、米国軍がこのような書類を作成し、己の存在を正当化しようとしたのは初めての事であった。

米国海軍は、冷戦後の時代に適応するために、冷戦後の1992年に、「海上戦略」を改訂した「海上から」(From the Sea)を発表し、さらに、湾岸戦争後の1997年3月には「前進...海上から」(Forward...From the Sea)を発表した。この2編は私がここで紹介する最初の論文である。

 

この2編と、関連記事を読むと、1981年のレーガン大統領・鈴木首相の共同声明の時代を私は回想せざるを得ない。鈴木首相は、日本は日本領土及びその周辺千海里のシーレーンを守る意志があるとの声明を発表したが、その後で交わした日本人ジャーナリストや学者との会話を思い出す。また、1977年に私が海上自衛隊幹部学校に留学していた日々も思い出されるのである。

 

当時のジャーナリストは例外なく、「日本はシーレーンを守るために何を必要とするのか」と質問し、さらに「アメリカは日本に何を要求するのか」と質問した。1年間の東京での留学時代には、「学問から離れた自由討論」が建て前であったにもかかわらず、アメリカ人の私からみるとかなり格式張った1日から2日に渡る討論の時間が何回かあった。同級生は毎回のように、「アメリカ政府の取るであろう姿勢」を私に説明するように求めた。

ジャーナリストや同級生に対しても私はいつも同じ説明をしたものである。つまり、アメリカには、政府が取る唯一の姿勢などというものは存在せず、どんな問題にも「アメリカ一般の姿勢」などというものは存在しないということだ。そもそも明白な答えがあれば、最初から面倒はないのである。質問を提起したジャーナリスト、市ヶ谷で出会った同級生、ここで紹介する記事を書いた人々。この人達ほとんど例外なく聡明な人々であり、難しい質問に対するひとつの解答を捜し求めてる人々である。

 

しかし、様々な回答からは、将来、世界の経済2大国であり、海洋2国家であるアメリカと日が、どのような方向に進むべきかの明確な回答は得られない。最も重大な質問は、両国が海洋国である国民生活を保護する能力を維持しする意志があるかどうかである。

日米の少なくとも一方が、世界の貿易立国として、今後とも経済の繁栄を継続させるというならば、巨大な経済的利益を保護するための、海洋を基本にした世界戦略を考えねばなるまい。

 

どのような戦略ととるべきかは、意見が別れるだろう。

米国海軍内では、巨大空母の必要性について賛否両論がある。費用面から空母は見合わぬと言う人がいる。一方で、原子力潜水艦を支持するグループや、その他の艦艇を支持するグループがある。

アメリカ国内には、冷戦後の米国軍の役割は、主に人道的な方法によって、平和維持に取り組むことでしかないという人もいる。

ロシアについても意見は別れる。もはや日米両国の軍事的脅威ではないと言う人がいる一

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から