日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


た。その結果、日本において、海軍で最高の資質を有する人々を集めてられ、そこで計画された組織が、1954年に海上自衛隊となったのである。

 

野村提督もバーク提督も米国海軍と海上自衛隊が協力し合う事こそが、日米両国の国益にかなうものだと信じたのである。

 

この両提督の努力がどのような成果を後日、収めたかは、ここで取り上げる2つ目の記事、「ネイバル・インスティチュート・プロシーディングス」(Naval Institute Proceedings 1996年6月号)掲載記事に詳しい。この記事は、私と阿川尚之氏との共同執筆であり、「太平洋の友情」(Pacific Friendship)がその表題である。

 

もし、米国海軍と海上自衛隊の間に、強力な協力体制が今後も継続されるなら、日米両国は将来決して再び戦いを交える事はないであろうと、この論文は結論している。とりわけ、海上自衛隊の創設初期からバーク提督の死までの期間に存在した、あの信じられない様な協力体制が維持されれば、日米は二度と戦うことはないであろう。

更にこのような協力体制が継続される事で、ロシア、中国などの国々の将来如何に関わらず世界的な海上の自由は、継続されるものであろう。

 

かって、バーク提督は同僚に「常に軍人としての誇りを保ち、常に活気のある海軍を維持する情熱を後輩に伝えよ」と語った。また、「一生懸命考え、新しい考えを発見し、知識を進歩させよ。そのために討論や活動の場で失敗を恐れてはならない。自由な心をもって切磋琢磨できる積極的な姿勢を伝えよ」と語った。

 

バーク提督はここに紹介した記事を「知識を進歩させ、自由な心で切磋琢磨する」ものとして喜んで下さるであろう。この論文を読まれる方々も同じ様に感じて下さる事を願う。

 

(以上)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
157位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
87,353

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から