日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究報告書

 事業名 船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


B 可動部の設計

(1)可動部は強度、変形、安定等を検討し、構造上及び操作中における十分
な安全性を確保し得る構造とする。

(2)可動部の橋体に作用する外力としては、次のものを考慮するものとする
1)主荷重は、自重、載荷重(自動車荷重及び群集荷重)及び衝撃荷重とする。
2)従荷重は、風荷重、温度変化及び地震力とする。

3)その他必要に応じ、雪荷重、制動荷重、波の揚圧力等を考慮する。
(3)昇降装置及びその附帯装置は、動力の遮断、振動等に対し安全側に作動するよう考慮するものとする。

3.3.3ランプウェイ及び可動橋の安全性の検討

 船舶の大小、船型、その他の事情により、サイドランプウェイのみを使用するか、可動橋と船首(船尾)ランプウェイを組み合わせて使用するかは 船舶、港湾の設備によって異なることになる。
 可動橋の設計は上記3.3.2に示す技術基準に従って設計されており、可動橋の構造上、十分安全であると考えられる。また、船舶のランプウェイについても船舶安全法等に従って設計され、付属のワイヤーロープも定期的に点検されている。
 ここで問題になることは、ランプウェイまたは可動橋の勾配角度によって車体の一部が地面に接触する可能性があること。また、可動橋からランプウェイに移る際に、その交差する角度、車両の進入速度によってバウンドし接触損傷する可能性がある。
図5に示すディパーチャアングルは、現行の道路運送車両法の保安基準(リヤバンパーの取付け基準)によると約9°となっているため、勾配角度を9°未満に保つ必要がある。可動橋の勾配角度は潮汐、船舶の喫水、荷役作業に伴う貨物の移動により変化することとなるので、適正な勾配を保つよう、可動橋付近および可動橋操作室に人員を配置し安全を確保している。また、サイドランプウェイの場合はバラスティングにて対応している。それでも調整が難しい場合は、岸壁とランプとの間に補助ランプを設置し対応することになる。
 従って、ランプウェイおよび可動橋の勾配を常時適正に保ち、安全な速度で通過させることによって、接触事故等を未然に防ぐことができるものと思われる。

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
28,695

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究」の報告書
2.平成10年度事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から