日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究報告書

 事業名 船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5



資料4 荷役許容量の現状(昭和54年度報告書抜粋)



4.1荷役許容量の検討方針

 港則法においては該当する危険物について物質の危険性に応じて、岸壁における荷役許容量がそれぞれ決められている。従って、前章に記したように危険物の分類、選定が 変更されるにつれ、許容量も改めて検討されなければならない。この目的のため、本委員会では次のような基本的な考え方に沿って問題を検討した。
(1) 接岸荷役許可基準は現行どおり、危険物が荷役される岸壁を当該岸壁の環境条件等を考慮してあらかじめ区分し、個の岸壁区分ごとに荷役許容量を決めることによ り定める。なお、岸壁区分の基準については、現行の基準、表3を用いる。


(2) 岸壁荷役許容量は、岸壁において荷役中に発生する火災、爆発、流出、拡散等の事故が公衆の生命若しくは身体又は荷役が行われる場所の周辺の住宅、その他の一 般の施設に危害が及ぼさないように限定することを中心に考える。したがって、許容量は岸壁の有する空き地の幅、つまり一般施設との保安距離によって決め、発災 危険の大小は参考として考慮するにとどめる。
(3) 危険物による事故の影響する範囲は、当該危険物の有する危険性の種類に関わらず、おおよそ荷役危険物量の立方根に比例すると考える。これは、各種の事故にお いて、一定の爆風圧を支える点源からの距離、危険性を持つガスや水溶性液体が空気中や水中に均一に3次元的に拡がると仮定した時に特定濃度を示す中心からの距 離、輻射源の面積を体積の2'3に比例するとみなした時、一定の熱輻射強度を支える輻射源からの距離、さらには水面へ非水溶性液体が瞬間流出して拡がる場合の半 径、ファイアーボールが生成した時のその半径はすべて理想的な条件下では危険物量の3乗根ないしそれに近いべき数に比例するだろうという考え方に基づいている。


前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
28,695

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究」の報告書
2.平成10年度事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から