日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船舶安全法の解説

 事業名 海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


第11章 航行上の条件

 

船舶の検査が行われ、船舶の構造及び設備が定められた技術上の基準に対していかなる適合状態にあるかが確認された場合に当該船舶の使用限界が明らかとなる。従って、当該船舶の使用限界を守って航行の用に供することが、船舶の堪航性を確保しその安全な航行に寄与することとなるのである。

船舶安全法は、このような観点から定期検査を行い、検査時における使用限界を定め、これを当該船舶の航行上の条件とし、その遵守を義務付けているのである。

これらの条件には、航行区域(漁船にあっては従業制限)、最大とう載人員、制限汽圧、満載喫水線及びその他の航行上の条件が含まれ、それが、船舶検査証書に、記載される(法第5条、第8条、第9条及び施規第5条から第12条まで)。

 

第1節 航行区域

船舶が安全に航行するためには、当該船舶の大きさ、構造及び設備に応じ、その航行できる区域を限定する必要がある。このため船舶安全法においては、検査によって、申請のあった航行区域を安全に航行し得る船舶であることの確認を行ったうえで、当該船舶の航行区域を定めているのである(漁船を除く)。

 

1 航行区域の種別

航行区域は、平水区域、沿海区域、近海区域、遠洋区域の4種に区分されており、技術上の基準の適合状況によって、いずれかの区域を定められることとなる(施規第5条)。

(1) 平水区域

湖、川及び港内の水域並びに船舶安全法施行規定第1条第6項に掲げる49の水域

(2) 沿海区域

北海道、本州、四国、九州及びそれに属する特定の島、朝鮮半島並びに樺太本島(北緯50度以北の区域を除く。)の海岸ほぼ20海里以内の水域であって船舶安全法施行規則第1条第7項に掲げる11の水域

(3) 近海区域

東は東経175度、西は同94度、南は南緯11度、北は北緯63度の線により囲まれた水域

(4) 遠洋区域

全ての水域

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
38位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
236,308

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.海事法令手続き早わかり船員法(改定版)
2.「海事関係者に対する海事知識の啓発」の報告書
3.指導啓蒙用パンフレット「MARINE WEEK」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から