日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


3.3.2 シンガポール規則

シンガポールでは従来よりPSA (PORT OF SINGAPORE AUTHORITY)によりPSA (Dangerous Goods, Petroleum and Explosives)Regulations が定められていたが、Maritime and Port Authority of Singapore (MPA) Act 1996により PSA Regulations は廃棄され、その代わりにMaritime and Port Authority of Singapore (MPA) によるMPA(Dangerous Goods, Petroleum and Explosives)Regulations 1997が有効となっており、危険物を当地に於いて取り扱い、輸入、輸出、積荷、揚荷又は輸送等する場合、当規則に従わなければならない。

当規則は、基本的に従来のPSA Regulations と同じ内容であり、IMDGコードの適用、港長の権限、危険物の容器・包装・標札、入港・荷役前の通報要領、荷役の制限、着岸・航行・移動の制限、安全対策、危険物の貯蔵、緊急時の措置、許容量、その他追加要件及び罰則等が定められている。

(1) MPA独自の危険物の分類

当地では危険物をその危険性の評価から次のとおり分類し、その取り扱いを規制している。

Group I : 原則として、Group Iの危険物を積載した船舶は危険物錨地以外の場所で停泊してはならず荷役もできない。

Group II : 原則として、Group IIの危険物を積載した船舶の着岸(錨泊)及び荷役は可能であるが、構内での仮置き貯蔵は認められず「Direct Delivery」としなければならない。

Group III : 原則として、特に制限はない。

(2) 緩和措置等について

1. 分析証明書を提出すればGroup IからGroup IIに、又はGroup IIからGroup IIIに変更される危険物がある。(Ammonium nitrate 等)

2. Group Iの危険物について、以下のとおり緩和措置がある。

1]コンテナ専用船による通過貨物については、以下の範囲で許可される。

 

093-1.gif

 

なお、一船当たりのGroup Iの総合計正味質量が 50.0トンを超えてはならない。また、火薬類以外の荷役については一船当たりの総合計が250キログラム以下の場合、事前の申請が許可されれば可能である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
796,829

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から