日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


なお、IMDGコードの別冊付録(Supplement 第5分冊))として

○略号等のリスト (List of abbreviated Units)

○危険物を運送する船舶の非常措置指針 (Emergency Procedures : EmS)

○危険物応急医療指針 (Medical First Aid Guide : MFAG)

○固体ばら積み貨物に関する安全実施基準(Code of Safe Practice for Solid Bulk Cargoes : BC Code)

○危険物等関連事故の報告手順 (Reporting Procedures)

○貨物輸送ユニットの収納指針 (Packing Cargo Transport Units)

○船舶における燻蒸剤の使用指針 (Use of Pesticides in Ships)

○照射済核燃料等の国際海上安全運送規則(Carriage of Nuclear Materials : INF Code)がまとめて収録されている。

◇総則規定 (General Introduction) は、危険物を海上運送する場合の基本的要件を定めているものであり、次の27節より構成されている。

1. 序文

2. 条約(SOLAS条約第VII章及びMARPOL 73/78条約 ANNEX III)

3. 1960年 SOLAS条約会議の勧告

4. IMDGコードの適用

5. 分類

6. 引火点試験法

7. 危険物の識別及び表示

8. 標札、標識及び海洋汚染物質マーク

9. 船積書類

10. 容器及び包装

11. 換算表

12. コンテナ運送

13. ポータブルタンク及びタンク自動車

14. 積載方法

15. 隔離

16. 防火措置

17. ロールオン・ロールオフ船による危険物の運送

18. 少量危険物

19. はしけ運搬船に積載されるはしけによる危険物の運送

20. 危険物の化学的安定性

21. 温度管理要件

22. 主管庁による承認

23. 海洋汚染物質(MARINE POLLUTANTS)

24. 化学的危険性を有する固体ばら積貨物の運送

25. バルクパッケージングによる固体危険物の運送

26. 中型容器(IBCS)

27. 廃棄物の運送

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
807,654

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から