日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


・有害な粉じんには、次のようなものが有る。( )内はじん肺名を示す。

 

011-1.gif

 

・塗料、接着剤、洗浄剤等の中には有機溶剤が含まれており、この溶剤には揮発性が有り、その気化したガスを吸引すると頭痛、吐き気、気管の刺激、肝臓障害、貧血等の症状が現れる。そのため有機溶剤を使用する作業場では換気をし、防毒マスクを必ず着用すること。

・二重底、タンク内(特殊塗装後)に入り、作業を行う場合には換気を十分行い、かつ、送風マスクを着用すること。

5] 耳栓

・長期間強騒音の下にあれば、内耳障害による難聴を起こすため特に80ホーン(よほどの声を張り上げないと、話ができない騒音)を超す騒音の激しい場所では耳栓を用いること。

6] 手袋

・手袋は作業時に外部からの衝撃や熱から手を守るものと、感電防止用・有機溶剤や酸アルカリ等を取り扱う場合に使用する特殊なものが有る。

作業の種類により使用する手袋も異なる。日常我々は作業中に軍手と革手袋を使用しているが機械作業では、その内容によって手袋の使用を禁じている。

・電線導入・配線等の作業には、軍手(綿製手袋)を使用すること。

・電気溶接・ガス溶断作業には、革製品の長い手袋を使用すること。

・電動ウインチを使用し、入線作業を行う場合・常に鋼板等を取り扱う作業の場合には短い5本指の革手袋を使用すること。

・原則として活線作業は行わないが、やむを得ず活線作業を行う場合には電気用ゴム手袋を使用すること。(電気用安全帽・電気用ゴム長靴も着用する。)

・強酸(硫酸・硝酸・塩酸等)又は強アルカリ(苛性ソーダー・苛性カリ)を取り扱う場合又は有機溶剤や特別な薬品類を使用する場合は、耐薬品性手袋を着用すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
23位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
316,780

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から