日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


生活習慣病や身体機能の低下は、若いときからの運動する習慣や適切な食生活、ストレスをコントロールすることにより、かなり予防できることが医学的にも明らかになっている。また、ほとんど毎日運動を行っている人と、そうでない人の体力の開きは大きく、年齢換算では約10歳程度の開きがみられる。若いときから継続的に運動を行うことが大切である。

 

022-1.gif

図2.9.2 産業別、年齢別年千人率

(休業4日以上、平成8年度)

 

2.9.2 歯の健康

80歳になっても自分の歯が20本は残るようにしようという運動として「8020(ハチマルニマル)運動」がある。歯の健康の基本は、なんと言ってもブラッシングである。毎食後、食後3分以内に3分間を目安に正しい磨き方で歯磨きをすることが大切である。

 

2.9.3 特殊健康診断

粉じん、化学物質あるいは騒音等に作業者がさらされる有害要因による健康への影響を調べるために実施する。これは、一般の健康診断と違って作業者がさらされる有害要因によって健康診断の内容が違ってくるので、最も大切なことは自分が取り扱っている有害物質あるいは有害要因が何であるかを知ることが必要である。

 

2.9.4 照明・採光

作業環境における照明の確保は、眼の疲労を防ぎ、能率よく、安全に快適に作業をするために大変重要である。良い照明条件としては、十分な明るさ、明るさにムラがない、まぶしさがない、適当な影があることなどが必要である。照明器具の汚れにも注意を払い、点検、清掃を行うこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
310,762

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から