日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2.9.5 粉じん

粉じんは、粉体を取り扱う作業だけでなく、溶接作業、研磨作業等の様々な作業によっても発生する。

発生する粉じんの性質によって違うが鉱物性粉じんを長期間吸い続けると肺に粉じんがたまって起こる「じん肺」になったり、鉛やカドミウムのような化学物質を含んだ粉じんを吸い込むと中毒を起こしたりする。じん肺は、ある程度進行すると、粉じんにさらされる状況が中止されても肺の変化は治らず更に進行する性質がある。

これらを予防するためには、1]発じん源には、局所排気装置等を設置して発じんを抑制すること。2]防じんマスクを着用すること。3]床、装置等に堆積した粉じんは、二次発じんの原因となるので、こまめに掃除をすることなどが必要である。

 

2.9.6 有機溶剤

有機溶剤は、400種類とも500種類ともいわれるほど種類も多く、その危険性や有害性も異なる。使用に当たっては、引火や爆発のほか、人への有害性についても注意が必要である。

有機溶剤は、常温・常圧では液体で、揮発性を有している。このため人体へは主として呼吸器・皮膚を通して吸収され中毒を起こし易い物質である。

これを予防するためには、1]局所排気装置のあるところで作業すること。2]防毒マスクを着用すること。3]素手で溶剤を扱わないこと。4]有機溶剤の入った容器は蓋をしておくこと。5]溶剤が染み込んだ布等は蓋の付いた容器に入れるなどの注意が必要である。

 

2.9.7 酸素欠乏

酸素欠乏とは、通常空気中には21%の酸素が含まれているが、この酸素の濃度が18%未満になった状態をいうが、この濃度が16%以下になると酸素欠乏の症状が現れてくる。

酸素欠乏の場合は、死亡災害につながることが多く、かつ、救助者をも巻き込む例が多く見られる。

船倉、タンク、地下室等の通気の悪い場所では酸素欠乏の危険があるので、立ち入る前に酸素濃度計で酸素濃度を確認すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
310,762

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から