日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


5.3.2 人体からの放電による電撃の発生限界

帯電した人体からの放電による電撃の発生限界は、人体の静電容量がほぼ一定とみなせる場合は、人体の帯電電位によって表すことができる。静電容量が90pFにおける人体帯電電位と電撃の強さの関係は、表5.3.1に示されるとおりで、一般に人体帯電電位が約3kV以上になると電撃を受ける。なお、人が椅子に腰掛けている場合、又は特に薄い靴底の履物を着用している場合は、人体の静電容量が90pFより大きくなるので(足にゴム底の靴を履いて鋼板上に立っている場合、人体の静電容量は約300pFとなる。)、このような場合は3kVより低い電位でも電撃を受ける。

1] 帯電物体が導体の場合

帯電物体が導体である場合の電撃の発生限界は、帯電物体の静電容量に関係し、一般に帯電物体の電位が図5.3.2に示す実線の帯電電位より高くなると、電撃を受ける。

 

050-1.gif

図5.3.2 帯電導体の静電容量、電位と電撃の発生電位

(労働省産業安全研究所「静電気安全指針」(1988)より抜粋)

 

2] 帯電物体が不導体の場合

帯電物体が不導体である場合は、一般にその帯電電位が30kV以上であると、電撃を受ける。ただし、次のような場合は帯電電位が低くても電撃を受けることがあるので注意を要する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
310,762

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から