日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第6章 電波障害の防止

 

電波障害とは、電波がエネルギーの形で他の正常な動作を破壊する現象といい表すことができる。船舶で起こりうる電波障害には、高電力電磁界の中に直接人体あるいは他の生物体が置かれたときに、生ずる生化学的な作用と電磁波による電子機器の誤動作等があるが、機器の電磁適合性については各機器の性能基準として規格化されているので、ここでは生化学的障害とその予防法について述べる。

 

6.1 電波障害とは(原因と症状)

レーダー等の放射電波が空間に作る電磁界中に生物体があるとき、生物体は電磁エネルギーの一部を吸収してそれが体内で熱となり、そのために現れる有害な影響が電波障害と呼ばれる。

最近のレーダーは大出力化し、特に高利得空中線が使用されるため、この放射電波をアンテナ付近で正面から受けると電波障害を起こす可能性が増加している。マイクロ波にさらされた人体がそのエネルギーを吸収して起こす温度上昇の度合は、照射密度、照射時間及び周波数並びに人体の部位、面積、その熱の発散の能力、皮膚及び皮下組織の厚さに関係し、これらの条件により体内に吸収されるエネルギーの割合が変化する。

ごく普通の環境において人体の一部がマイクロ波エネルギーに照射されたあと、人体は、その温度調整機能により血液が照射部分の熱を運び他の部分の体表より発散して、体温を一定に保つことができる。しかしながら、体温調節機能を上回るマイクロ波エネルギーの吸収が起これば、体温は時間と共に上昇し、最悪の場合には部分的な組織破壊を起こすことになる。特に、血液循環の貧弱な部分がマイクロ波にさらされたときの温度上昇は他の部位のそれより大きく、眼球の水晶体は最も熱に弱いところである。人体がマイクロ波の照射を受け「熱い」とか「痛い」という感覚が起こるのは皮膚の知覚作用に基づくものであるが、皮膚以外の体内諸器官は皮膚に比べて感覚神経が乏しいので、障害が大きくなる可能性があることに注意しなければならない。

 

表6.1.1 人体の許容温度と電力密度

053-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
310,893

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から