日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6.2 安全基準と防止策

レーダー等のマイクロ波エネルギーの照射による電波障害のほか、短波無線機や携帯電話等の通常の電波機器による人体への影響についても注目されているが、電波が人体に悪い影響を与えるとの証明はされていないし、絶対に無害であるとの確証も得られていない。絶対に安全であると言い切れない現状では、「強い電波を浴びない、浴びせない。」ようにしておくことが必要である。

このことから、電波による人体障害を防止するために、各国において電磁波の照射許容量に関する安全基準が定められている。日本では平成2年に郵政大臣の諮問機関である電気通信技術審議会により答申された「電波利用における人体の防護指針」(電波防護指針)がガイドラインとして活用されてきた。

このガイドラインには電磁波による人体への熱作用や刺激作用について「電波により人体に悪影響を及ぼさない範囲を定めた電磁界強度の指針値」が示されており、周波数範囲は10kHzから300GHzを対象としていて、周波数と電界強度の指針値との関係は図6.2.1及び表6.2.1のとおりである。

 

平成11年10月からは、電波の人体への影響が考慮され、「電波防護指針」はガイドラインでなく、安全性が確認されるまでの基準として採用され、法的な強制力を持つことになった。

電波法施行規則では、「電波防護指針」による電波の基準値を満足することを確認することが義務付けられ、また、無線設備から発射される電波の強度が、定められた値を超える場合は取扱者以外の者が容易に出入できないようにすることが義務付けられている。

 

054-1.gif

図6.2.1 電界強度の値

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
310,893

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から