日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第7章 火災・爆発の防止

火事は、昔から「地震、雷、火事、おやじ」といって、こわいものの代表にあげられている。職場で働くものは、自分の職場から絶対に火事をださない責任が負わされている。

 

7.1 火災の防止

次の図は「火の三角形」と呼ばれるもので、この三角形の各辺をなしている3つのものが、火事の要素である。従って、火事を起こさないためにも、火事を消す場合にも、この三角形の辺いずれかの1つを除けばいいことを覚えておくこと。

一般に起こる火事は、まず第一に「火源」があって、周りの物に引火して燃え広がり、ついに火事になる。だから火事を起こさないためには、燃え易い物のそばで火源を作らないことが原則である。

火事も、怪我と同様に、火事のほとんどすべてが、決められたことを守らないために起こっている。

 

057-1.gif

 

7.1.1 火気厳禁

1] 「火気厳禁」の表示がある場所では、火気(火及び火になるもの)を一切使わないこと。

2] 作業上必要と思うときでも、勝手に火気を使わないこと。

3] 発火し易いもの、例えばマッチ、ライターのようなものを持ち歩かないこと。

 

7.1.2 たき火

1] たき火の必要があるときには、必ず決められた責任者の許可を得ること。

2] たき火をする場合、付近に油類等があるところは避けること。また、風の強いときや延焼する心配のあるようなところも避けること。

3] ひどく火の粉の出るものは、露天で焼かないこと。

4] 必ず後始末をして、確実に消えたことを確認すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
310,893

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から