日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第9章 救命・応急措置

 

普通に日常生活を送っている人が、突然急変したり職場における災害等に遭遇した場面において心肺蘇生法や応急措置等が必要となることがある。現場での処置を行うに当たっては、まず被災者の傷害の程度がどの程度のものであるかを冷静に判断することが大切である。救急処置には救命処置と応急処置があるが、それぞれ一般には次のように定義されている。

救命処置とは、生命が危険な状態で、緊急の処置を必要とする人に対する一次的な救命法(医師、看護婦、救命士以外の現場に居合わせた一般の人でも行っていい手当)をいう。

応急処置とは、数分間で生命が危険にさらされることはほとんどない状態で、怪我や病気の状態の悪化するのを防いだり、呼吸や痛みを和らげるような手当をいう。

ここでは、医療機関を受診するまでの現場での処置について述べる。

 

9.1 人が倒れた(倒れている)とき

まず倒れた人の生命が危険な状態にあるかどうかを判断することが大切である。

 

9.1.1 直ちに救急車を呼ぶ場合

1] 意識がない。

2] 手足が動かない。

意識はあっても、自分では手足を全く動かせない場合。

3] 大量の出血がある。

 

9.1.2 救急車が来るまでに行うべき処置(心肺蘇生法)

「呼吸が止まってから、人工呼吸を始めるまでの時間と生命を救える確率」(図9.1.1)をみると5分たつと25%の人しか救えないが4分後では50%、3分後では75%、2分以内に人工呼吸を行えば約90%の人を救命できることを示している。

 

066-1.gif

図9.1.1 呼吸停止時間と蘇生率の関係

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
21位
(31,556成果物中)

成果物アクセス数
310,712

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月30日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から