日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

COMPASS No.37

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


はじめに

 

コンパスの新しい編集方針について

―海上保安に係る国際関係情勢専門情報誌への脱皮―

 

海上保安庁総務部国際課コンパス編集部

「コンパス」は、昭和58年の創刊以来、ほぼ、年2回のペースで発行を重ね、今回が第37号目になります。創刊当時、海上保安業務の国際化、広域化という新しい流れの中で、これにたずさわる海上保安官が各国の情報を交換し、これらの情報をそれぞれの仕事に生かしていくことは極めて有意義であること、また、このような情報交換がひいては日本と周辺各国との海上保安の分野における協調体制の確立につながるものであること、といった認識がなされ、「コンパス」がその一躍を担いつつ、国際的な海上保安情報誌として成長し、広く関係者に利用されることが期待されました。

これまでの「コンパス」においては、国際関係行事等の紹介、海上保安アタッシェ、派遣専門家、海外新聞雑誌等からの情報、SAR条約、海洋法条約等の国際条約をめぐる各国の動向等当庁職員の執務上有意義と思われる情報等を盛り込んだ、寄稿文を主体とした構成で編集されてきました。

しかしながら、ここ最近においては、海上保安に係る専門情報の収集・分析等の重要性が盛んにいわれるようになってきました。また、近隣諸国との連携が徐々に進展・強化されてきました。このような情勢において、今一度「コンパス」のあり方について検討した結果、これまでのコンパスの編集方針を変更し、今後は、海上保安に関する専門情報誌として、取り扱う情報のポイントを絞り込み、より深く専門的に、かつ、情報分析や今後の見通し等にも触れながら、新たな「コンパス」をスタートさせることとなりました。

新しい編集方針に基づく第1号(通算第37号)においては、近隣諸国である、韓国、中国及びロシアについてこれまで蓄積されてきた各国に関する基礎的かつ専門的な情報を提供することにより、国際業務に携わる様々なレベルの海上保安官が、この「コンパス」を机の端に置き、いつでも役立て頂けるようなものにしたいと考えております。

また、次号以降においては、米国沿岸警備隊特集、国際緊急援助隊特集等、まだ、計画段階ではありますが、的を絞った形で、順次、話題性のある項目について取り上げていく予定にしております。

この新生「コンパス」が国際業務を担う方々の頼れる参考文献として活用されることを願って、これからも編集に尽力して行きたいと考えております。また、新しいアイデア、要望等がありましたら、遠慮なく、国際課コンパス編集部まで御連絡頂ければ幸いです。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,513位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
1,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書 ?先進諸国海上保安体制調査ドイツ?
2.COMPASS No.36
3.舶用工業の需要動向調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から