日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

COMPASS No.37

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


中国カウンタパート機関の紹介及び中国海洋調査船について

 

総務部国際課国際協力係

古郡伸一

 

今回、海上保安関連機関の組織や活動、それを取り巻く社会情勢、その他業務の参考となりうる専門的な内容について発表するということで、ここでは中国関連の諸問題について少々述べたいと思います。

私は現在北京にて、新しい日中漁業協定の発効に向けた閣僚級協議にオブザーバーとして参加しているところです。北京市内のホテルにてこの原稿を書いているところですが、幸運にも、新しい日中漁業協定の発効に関し、最大の問題点であった「暫定措置水域以北水域における操業条件」が解決、日本周辺水域での中国漁船の操業を日本の管理下に置くことにより、日中間の新しい水産資源管理体制の基盤が確立した、といえる瞬間に立ち会うことができました。

その場では、我が国と中国は東海(いわゆる東シナ海)を挟んで「一衣帯水」の間柄にあり、緊密な関係があると感じたところですが、一方、交渉に立ち会っている最中には、相手のものの見方、考え方が全く異なっているために交渉が中断するなど、互いに相手を理解しているといえるほど中国人民との関係は深くないなと感じ、相手の考え方を理解しておくことが大事である、とも感じました。

やはり相手をよく知ろうとするならば、懐に飛び込まねばなりません。両機関トップ等幹部が訪問しあい、相互交流の流れを定着させ、その後実務者が相手機関に飛び込み理解を深める、こういうプロセスが必要だと思います。相手の活動や心理は、その相手と接しなければわからないと思います。

今回は、まずは海上保安庁の中国側カウンタパートともいえる「交通部海事局」と「公安部辺防局」の組織や役割などから理解していただこうと、今まで先人が残してきた資料を積極的に利用し、内容を整理して紹介しております。しかし中国側カウンタパート機関の実際の活動状況については目の当たりにしていないため、記述することができません。従って上記機関の実際の活動状況について興味のある方にとっては、今回の中身を物足りなく感じるかもしれませんが、それは今後の両機関の交流次第で徐々に見えてくると思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,513位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
1,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書 ?先進諸国海上保安体制調査ドイツ?
2.COMPASS No.36
3.舶用工業の需要動向調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から