日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


大学に入ってからは一度もした試しがなかった予習・復習を実習前には必ず行うなど(本来なら当然であるはずですが……)し始めました。私の態度にこのような変化が現れたのは他ならぬ、私達医師を志す者の為に自らの一生涯をその心と供に歩んできた大切な体を献体して下さった人々の遺体に接する以上、私もそういった人々の期待に誠意をもって答える必要を感じた為です。

解剖実習を通して私達は新しい知識の数々も学びとりました。教科書で学んできた知識はあくまでも紙面の上のものでしたが、実際に自分の目で確かめ、手で触れることによって、それらを鮮明なものにすることができました。しかし、解剖実習によって私が得た最大のものはこれらの知識ではなく、(もちろん大切な事は十分に承知しています)医師になるということの再認識であったと思います。それは先程の学習姿勢の変化にもつながっているものですが、献体して下さった方々の遺体と向き合うことによって自分達への人々の期待の大きさ、責任の重さをを痛感することができました。近年はバーチャルリアリティなどの技術が発達し、実際に遺体と向き合わなくてもそれ以上に細かく解剖学等を学ぶことができるなどと言われていますが、解剖実習のように本当に自ら遺体に向き合うということは医師になる上で必要不可欠なステップであるということを実感しました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
252,697

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から