日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


医療の現場に立とうとしている者として、倫理感、責任感、そして患者さんやそのご家族の方の思い、まだまだ未熟ではあるが、考える機会を頂いた。

これは私事であるが、私は解剖実習の始まる前に親しい人を病気のため亡くした。ご遺体に初めて向かった時、その時の身内としての思いと医学生として勉強のためにご遺体に向かう思いと入り混ざり、複雑な気持ちになることもあった。その時のことを思うと、ますます患者さんやそのご家族の思いについて考えた。もし私がその立場であったのならば、もし私の家族がそのような立場であったのならば、私はどうするであろう、どうして欲しいであろう、常に自分自身に問いかけた。

医の倫理、生命の尊厳が問われる今日、常に忘れてはならないのは生命への畏敬の念であると思う。今までもそう考えてきたが、解剖実習を通して、さらにその思いは深まった。生と死、その現場に立とうとしている者として、生涯考え続けていかなければならない命題である。人のための良き医療を実践するためにも考え続けなければならない。これから先、いつの時であっても、この思いを胸に留めておきたい。

最後に、医学のために、医学教育のために献体して下さった方に、貴重な実習の場を与えて下さった全ての方々に感謝致します。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
253,436

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から