日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


先生方や班の友人たちに足りない場所、不適切な箇所を指摘してもらい、その都度何回も書き直し何回も観た。その書き直しのたびに「俺の目はなんて節穴なんだ!」と思った。たった一つの部位から、いろんなことがわかるのだ。発生学、系統解剖学、神経と脈管の関係、筋の神経支配、一つの場所からいろんなものがみえるようになってきた。そのとき私は思った。「みれないのではない観ていないのだ」ただ眺めているだけで問いかけていない。ただ名前の確認だけで、ただ教科書の確認だけで実際にある存在の『いみ』をじっくりと考察してはいなかったのだ。

それから解剖実習に対する考え方が変わっていった。時間の許す限りじっくり観察した。納得のいくまで観察した。御遺体をみるだけではなく御遺体を通じて人間の体を理解するようにしようと努めた。その後の実習は時間との戦いだったが非常に充実していた。理解できることがうれしかった。その複雑さのなかにある精巧さ、一定の方向性。それらを見抜くことができたとき心の底から感激した。

僕にはもう一つ観ることができたものがある。それは班の友人達だ。普段は見られない一面を見ることができた。彼らは本当によく勉強してくるし、なによりも解剖実習に対し真剣で意欲的だった。そんな姿に支えられ、何度も自分の弱い心にうち勝つことができた。はじめは「全部一人でやれたら……」なんてことを考えたことがあったが……とんでもなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
252,697

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から