日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


3 砂とたたかう太東漁港

 

017-1.gif

九十九里拡大地図

 

017-2.gif

太東漁港拡大図

 

清野 昔、九十九里浜の漁港というのは、河口に位置しているところが多かったんです。もしくはこの太東漁港のように、岬の陰になっているところに港をつくったり、あるいは砂浜の波が打ち寄せない高いところまで船を引きずっていくところもありました。それが、戦後になって、漁船を安全に大量に置ける場所が必要だということで、漁港整備が進みました。今日は、その結果として海岸がどういうふうに傷んでしまったかということの、かなり具体的な実例を見ていただきたいと思います。ここは太東漁港というところですけれども、岬の陰に漁港がつくられています。こういう自然地形を活かしたところにつくるのは、昔ながらの知恵ということで、もともと発想としては悪くなかったと思うんです。

 

宇多 漁港の概況を説明しますと、今、目の前に防波堤があります。その外側には砂の山がありますけれども、これはさっき崖が崩れてできた砂が海を漂ってきた「漂砂」というんですけど、それがここにたまっています。本来、この漂砂はここに漁港がなければ、九十九里浜の形成のためにどんどん流れていったはずです。ところが、今ここは船を入れるための施設として、とにかく波が入ってはならない、波を消したいということで、こうやって防波堤で囲ったのです。漁港の外の波があんなに大きいのに、漁港内はほんの10cm ぐらい波が動いているだけですよね。ということは、この防波堤は非常に効果的と言えますが、砂のほうは流路を遮断されてしまったんで、仕方なくそこに沈殿する。ですから防波堤ができた今は砂がたまる一方で、これがどんどんたまりますと、風で飛ばされて最終的にこの防波堤の内側にも砂がたまるんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
129,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
4.「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から