日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


4 海岸保安林の役割

 

029-1.gif

九十九里拡大地図

 

029-2.gif

東浪見の拡大図

 

清野 昔、日本海側の砂丘の端に位置する集落のところで、砂が飛んできて困るというのを通り越して、砂丘が崩れて集落を飲み込むという、砂津波というような現象が起きていました。

それで、こうした地域に住む人たちにとって、砂をコントロールするというのは、自分たちの安全を考えた上でとても重要でした。その結果、特に明治時代から大正時代にかけて海岸保安林の基礎技術や基礎研究が大分進みました。ですから、今の海岸保安林のいろいろな考え方だとか、どういう植物を使うかという基本的な技術は、主に昭和の初めまでには完成された考え方が出来ていたようです。

 

保安林として、いわゆる白砂青松という風景のもとになった松を植えていたのは主に江戸時代からなんですが、その時代には松が中心だったわけです。けれども明治時代に入ってニセアカシアとか、栄養分の少ないところでも急激に育つ広葉樹を使う、もしくはマメ科の植物で土壌を豊かにして、その後に他の木を植えていくというような技術開発が明治、大正、昭和に行われました。

 

宇多 北陸沿岸に標高が50mもある砂丘がありますが、あれは冬季の風が強いからできるんですが、決して短期間でにできたわけじゃなくて、人と砂との長い戦いの結果、出来たんです。何しろ砂で埋まっちゃった村があるくらいなので、ヨシズみたいな80cmぐらいの壁を何段にも作って砂を防ぐんです。そしてそこが砂で埋まるとまたその上に作ってと、そうやって何百年の間に、徐々に内灘砂丘とかの高い砂丘ができたわけです。

 

ニセアカシア

マメ科エンジュ属。原産地は北米で、和名はハリエンジュ。通常「アカシア」と呼ばれているが、アカシアとは全く別の樹木。街路樹として、また強い繁殖力のため砂防用としても良く用いられる。良質な蜜が取れることでも知られている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
129,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
4.「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から