日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


5 消えゆく砂浜を守る(一宮海岸の海水浴場)

 

035-1.gif

九十九里拡大地図

 

035-2.gif

一宮海岸の図

 

宇多 目の前にあるのがまだ先端がT字になっていない建設途中のヘッドランドで、片貝のほうから数えて6基目のヘッドランドです。手前側にあるのが重量2トンぐらいの捨石です。茨城県の笠間とかに石を切る場所があって、そこで切ってきてトラックで運んできて並べたものです。天然石を使っています。

 

それで、ここで見るべきは何かというと、10月13日の時点では、このヘッドランドの右側にうんと砂が溜まっていました。それに対して左側は砂が殆どない。つけ根のところにちょっとありますが。ということは、海岸から真っ直ぐ伸びた構造物の左右で非対称な砂浜が見られるわけです。波が真っ直ぐ沖から入ってくるのであれば、このような非対称性は決して生じることはありません。ではなぜ非対称かというと、打ち寄せる波が沖から真っ直ぐ来ないからなんです。

実際には、この突堤から見てやや右手、つまり南東の方向から波が作用していたということがわかります。

これは夏の台風のうねりの影響によるもので、砂は南東から来る波に乗って流されてきますから、結果的に突堤の右側に溜まって、広い砂浜が形成されたのです。

 

ところが、10月に入って北東からの波に変わったのです。このため右側に堆積した砂が削られ始めた証拠として、浜崖を見ることが出来ます。

 

それが約1月後の11月1日には、砂はさらに削られて移動したため、もはや崖はありません。つまり砂は夏とは逆の方向に移動しつつあるわけです。この海岸の砂は、左のほうから波が来れば右のほうへ動く。夏場のように右のほうから波が来れば左のほうに動くということで、行きつ戻りつしています。しかし、ならして見ると全体としては砂は北(左)の方へと動いているのです。ここの浜辺の砂はせいぜい水深8mよりも浅いところを主として横に動いているんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
129,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
4.「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から