日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


6 両立が難しい洪水対策と侵食対策(一宮川)

 

041-1.gif

九十九里拡大地図

 

041-2.gif

一宮川拡大図

 

宇多 今、我々は一宮川河口の護岸の上にいますが、これが緩傾斜堤(かんけいしゃてい)です。これに対するキャッチフレーズというのは、「親水性の確保」、「水辺に触れることができる」というものでした。でも良く考えてみてください。これはコンクリートが直接海水に突っ込んでいますよね。波をかぶるところは、藻類が表面を完全に覆っているので、ヌルヌルなんです。だから実際は滑って大変危険なわけで、誰も親しめないはずなんですね。

 

それからここ、陥没しています。明らかに50cmぐらい凹んでいますよね。中を見ると中空になっています。砂が全部抜けてしまっている。これでは乗ったらいつ崩れるかわからないから非常に危険です。でもこうなってしまったら直そうとすると、ブロック全部外さないとなりません。今から20年ぐらい前に緩傾斜堤が設計された当初は、壊れたときにはブロックを1つずつ外せて交換できるという設計思想だったんです。ところが、このように陥没した場合には、1個づつ外すということはできないですね。結局、全部やり直しなので、その設計思想のもとは、崩れていると思います。

 

この一宮川はこの付近に流れている最も大きな川です。この付近でたびたび洪水を起こしている川です。今、洪水を防ぐために上流の山のほうに大きな溜め池を5つ掘っているんです。遊水池というんですけれども、3つまで完成しました。その4、5番目を用地買収をして、造っている最中です。遊水池というのは、ドッと降った雨を一時的に溜めて一度に大量の水が川に流れないようにするためのものです。

それで今議論になっているのは、その遊水池の工事をするのに、今たくさんの土砂が出ているんです。その量大体60万m3ぐらいです。これは大変な量で、九十九里の海岸を動いている砂の10年分ぐらいの量に匹敵するんです。もともとこの付近の平地の砂というのは、さっき説明したように、海と陸を行ったり来たりしている砂です。だから海岸侵食が進行している九十九里の海に、遊水地工事で出た砂を戻せないかということを今考えているんです。戻すといっても事はそんな簡単じゃなくて、その建設残土を持っていって海に捨てれば濁り水が出ますから、漁業への影響が心配なので、漁業権を持っている漁師の人から見れば、そんなことやめてくれということになるんですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
129,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
4.「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から