日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


「なぎさの未来〜人の欲望と自然保護との綱引き〜」

宇多高明(国土交通省 国土技術政策総合研究所 研究総務官)

 

東京工業大学修士課程卒。東京工業大学(工学博士)、米国スクリップス海洋研究所在外研究員(S55-56)、河川管理総括研究官などを歴任。日本全国及び世界各地の海岸調査を行う。また多くの人に海岸のわかり易い説明をするのが趣味。著書に「日本の海岸侵食」など。土木学会賞受賞。

 

ただいま紹介いただきました宇多です。

国土交通省の研究部長とかいうと、えらくいかめしく、裃をつけたおじさんじゃないかと思われるかもしれませんが、そういうのはちょっと時代錯誤です。行政改革のことからお話しするのは変ですが、結局、私たちは国民全体のために、なるたけ素直にいいことをやろうとそういう感じで日夜仕事を進めてきています。ですから中身が空っぽなのに、「この水戸黄門のご印籠が見えないか」と、そう言って居丈高に仕事を進めるのは好きではありません。

今、清野先生が最初に人絡みの歴史を遡っていく見方をされました。すなわち、社会科ないし理科のテリトリーを最初にお話ししましたが、今度はちょっと理科のほうに偏った自然そのものの理解についてのお話をさせてください。

今日は自然の話をしますが、私の申しあげたいことのスタンスは次のようです。我々人間というのは高々七、八十年しか生きていないです。大学を卒業し、60歳が定年とすれば30〜40年は働く。これは地球で起きている様々な現象から見れば、瞬きする間もないぐらい非常に短い短い時間しか生きてないことになります。これと比較して我々が今立っている、この地というのは、はるかに長く生きている。さきほど清野さんのお話の中にカブトガニというのが出てきましたけれども、あの生物は2億年間ずっと生きてきた。さっきはお話をされなかったけれども、それが突然絶滅危惧種になってしまったのです。人も200万年程度の歴史はありますが、そういう長いスパンの現象から決して逃げられないのです。どれほどお金をもうけても、何しても、個々人はもちろん絶滅してしまいますが、人類全体としてもそうです。だから、そういうときに、自然を見る謙虚な目がないと、「さんざんわめいて、結局死んでいったよ」、となってしまうと思います。種としてね。そういう面があり得るので、非常に冷静を見る感覚というのを持ってもらったらどうかと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,911位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
5,094

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●
4.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から