日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


4 GATT/WTO協定についての判例

(1) GATTに対する判例の態度

ア GATTの直接効果

欧州裁判所は、国際条約が個人に国内裁判所において主張できる権利を付与することを直接効果としばしば表現しているが、その実質は条約の自動執行性であると考えられる(9)。そして、裁判所は、1970年代から一貫してGATT規定が直接効果を生じることを否定している。

すなわち、GATTの直接効果について始めて判断を下した、1972年のInternational Fruit Company事件では、原告は、委員会規則を根拠にした加盟国当局の決定の無効を求めて国内裁判所に提訴し、委員会規則のGATT 11条違反を主張した(Joined Cases 21 to 24/72 International Fruit Company v. Produktschap voor Groentenen Fruit,[1972] ECR 1219)。しかし判決は、GATT前文が、互恵的かつ相互的に利益を与え合う関係に基づいて行われる交渉の原則を基礎とし、本文もその規定の柔軟性、特に例外の可能性を与える規定、例外的な困難に直面した時に取られる措置、締約国間の紛争解決によって特徴付けられていることを理由に、GATT 6条が市民が裁判所で援用できるEC法上の権利を市民に付与することはできないと判断した(Id. at 1226, para.8)。

翌1973年のSchluter v. Hauptzollamt Lorrach事件判決(Case 9/73, [1973] ECR 1135)も、理事会規則及び委員会規則のGATT違反が国内裁判所において争われた事案であり、原告は、前年のInternational Fruit Company事件判決を援用して、GATT規定の直接効果を主張した(Id. at 1142)。判決は、同事件判決と同趣旨であり、GATTがECを拘束することを確認した後に、GATTの意味・構造・文言を検討し、同様に直接効果を否定している(Id. at 1158)(10)

これらの判決は、いずれもEC立法に従った加盟国の行為が国内裁判所で争われ、その中でEC立法のGATT違反が問題となった事案であった。これに対して、1983年のAmministrazione delle Finanze dello Stato v. SPI事件判決では、加盟国法による従価税(ad valorem duty)が、域外からの様々な輸入品に対して賦課されたことがGATT違反であるとして争われ(Joined Cases 267 to 269/81, [1983] ECR 801)、原告は、支払った税金の還付を求めた。本件では、EC立法と係わりない加盟国の行為とGATT、具体的には、イタリー税制のGATT 2条適合性が争点であった(11)。判決は、GATTの統一的適用の重要性に言及して(para. 14)、GATT規定に対する欧州裁判所の管轄を肯定する。しかしその後、前述のInternational Fruit Company, Schluter両判決に言及して(para. 23)直接効果を否定する。同事件では、法務官もGATTの直接効果を否定していた。

このようにして、GATT規定に依拠して、個人が、加盟国の行為を争うことはできないことが判例上確立した。このことは、1990年代にも変化がなく、GATTとロメ協定の直接効果が争点となった、1995年のAmministrazione delle Finanze dello Stato v. Chiquita Italia事件判決は、やはりGATTの直接効果を否定している(Case C-469/93, [1995] ECR I-4533)(12)

 

イ EC機関の行為に対する訴訟

(ア) 原則としての否定

加盟国又は個人が、EC機関の行為のGATT違反を無効訴訟において主張することは、GATTの直接効果とは別の場面である。前述のように直接効果とは、加盟国の行為を争うことを前提としている概念だからである(13)。しかし、欧州裁判所は、この場合もGATTの直接効果を否定したのと同様の理由により、GATTが裁判規範として機能することを原則的に否定している。

例えば、1994年のGermany v. Council事件判決は、International Fruit Company事件判決の理由付けをそのまま繰返して、加盟国が無効訴訟においてGATTを援用することも否定している(Case C-280/93 Germany v. Council, [1994] ECR I-4973)(14)。同事件は、ドイツが、理事会規則の無効を求めて提起した無効訴訟であり、ドイツは、バナナ市場の共通組織に関する理事会規則が、ロメ協定及びGATT上の義務と矛盾することを無効の理由として主張した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
209位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
55,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
3.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
4.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
5.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
6.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から