日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


第1章 技術動向

 

舶用機関は主機・補機いずれについてもその目的、用途により市場要求品質は多岐にわたるが、ここでは、小形高速舶用主機関(750kW以下)を中心に、(1)高出力化(正味平均有効圧力、出力率)、(2)軽量化(kW当たり重量)、(3)低燃費化、(4)電子制御化及びこれらの中低速機関における現状を通して舶用機関の技術動向について見ることとする。

 

1. 高出力化

高出力化については、開発者にとっていつの時代でもチャレンジングなテーマであり、常に市場ニーズ(漁船船主ニーズ)の船速アップに対応してきた。1982年の大幅な漁船法改正は、それを機に図1、図2に示す正味平均有効圧力及び出力率の推移よりも判るように、メーカ間の高出力化競争に拍車をかける結果となった。又1995年を境に過給機の高圧力比化及び噴射系の高圧力噴射化が進み、一段と高出力化が加速された。現在最大出力における正味平均有効圧力は図3に示すように、2.1〜2.3MPa(21〜23kgf/cm2)前後であり、中低速機関もほぼ同レベルにある。又、ピストン単位面積当たりの出力に比例する出力率も図4に示すように、22〜27MPa・m/sであり中速機関は18〜25MPa・m/sである。この値は過去15年間で約80%以上も上昇している。

この高出力化は、1)高圧力比過給機の開発、2)高圧噴射化(ユニットインジェクタ・電子制御の採用)、3)熱負荷対応によるところが大きい。

 

001-1.gif

図1 小形高速舶用機関の正味平均有効圧力推移

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,254位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
7,951

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から