日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


008-1.gif

図15 シリンダ径に対する出力当たり重量

 

3. 低燃費化

燃料消費率の低減はいつの時代でも重要課題であって、たえず不断の研究努力が続けられている。現在、小形高速機関では205g/kW hの水準に達している。燃料消費率の推移を図16に示す。

小形高速機関においても燃料消費率は噴射期間に大きく影響されるので、燃料ポンプ、燃料カム、燃料噴射管などを改善した高圧形噴射ポンプを採用し、噴射圧力を高め、燃料噴霧の微細化を図るとともに、噴射期間を短くして燃焼を改善、燃料消費率の低減を計っている。最近、より高圧噴射化をねらい、一層の燃焼改善を図る目的でユニットインジェクタを採用し、かつ電子制御(電子ガバナ)を装備している機関もある。(4項参照)

また、過給機の効率も燃料消費率には大きく影響するので、新開発の効率のよいコンプレッサやタービンを採用して、作動性の良いところでマッチングを取り燃費改善を図っている。

内航船主機を主体とする中低速機関では、小形高速機関以上に市場ニーズは強く、燃料消費率の低減に対する取組はより強く、現在、中速機関では185g/kW h、低速機関では175g/kW hの水準に達している。また、燃焼最高圧力が20MPaに達している機関もある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,254位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
7,951

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から