日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2) MTUエンジンシリーズ電子制御装置について 株式会社大阪補機製作所

 

近年の環境問題に関しましては、大気中の窒素酸化物(NOx)により酸性雨、炭酸ガスによる地球温暖化等の大気汚染が大きな問題となっており、それら排出源への排出量規制が実施されています。特に欧州におきましては、運河交通が内陸深くまで展開されていることから、運河交通に使用されている船舶ディーゼル機関についても、早い時期から窒素酸化物(NOx)規制が適用されており、段階的に厳しいレベルの規制が適用されています。

このような厳しい現状に対し、MTU社では、従来採用しておりました機械式ガバナでは対応が困難であると考え、電子制御装置の開発を行い、実用製品化しています。

機械式ガバナでNOx低減を実現させる場合には、燃料噴射タイミングを遅延させるのが一般的技術ですが、この場合にはNOx改善度合いに応じまして燃料消費量が増大すること、機械的に設定される為、調整点に対応した負荷近辺のみでしかNOx低減を享受できない等の欠点があります。

燃料消費量が増大した場合(つまり効率が悪くなり)排気ガス中の炭酸ガス(CO2、二酸化炭素)量が増大する為、大気汚染問題のもう一方の問題であります地球温暖化対策には逆行します。

また高速艇や作業船、小型船の主機関の場合、広い負荷領域で使用される特徴がありますので、極めて狭い範囲内でのNOx低減では、実際の使用条件に対応できないという欠点があります。

こういった厳しい要求に対し、既に自社内で開発実用化されております電子ガバナと、やはり既に十分な実績を有しております機関制御・監視システムと組み合わせたものが、MTU社電子制御技術の実用化(ECS)です。

本装置は低燃費率を維持し、操縦性の良い、環境にやさしい次世代のエンジンを目指しております。これまで培って参りました、確かな技術を背景に皆様の時代のニーズを先取りしました、新しい機能で一層のサービスの提供をお約束するものです。

このシステムは、MTU社の標準シリーズである183、2000、396、4000シリーズの全てのエンジンに適用されています。

・電子ガバナ183/2000/396/4000シリーズ

ガバナ機能をコンピュータにて制御、噴射システムと統合し、エンジンの様々な係数(各温度、圧力、回転数)を瞬時に演算し、その瞬間における最適な燃料噴射量及び噴射タイミングを制御します。これにより、常に燃料と空気の量が最適にマッチングするためクリーンな排気を実現すると共に、急激な負荷変動による過剰燃料の噴射を防ぎ、黒煙の発生を最小限に防ぐことが可能で、更に回転数の追従性がアップします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,252位
(33,115成果物中)

成果物アクセス数
8,089

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年4月17日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から